So-net無料ブログ作成

「もう一度よみがえる」=熊野で復権へ意欲―民主の小沢氏(時事通信)

 「この地は再生、よみがえりということで、昔から病んだ人がここに来てもう一度再生する古くからの信仰の地だ」。民主党の小沢一郎前幹事長は11日、和歌山県を訪れ、地元の連合幹部と懇談した後、世界遺産に登録されている熊野古道を歩き、こう語った。幹事長辞任で党内での影響力低下がささやかれる中、「復権」への意欲をアピールした格好だ。
 小沢氏が2日の辞任後、地方に出掛けるのは初めて。同県田辺市の熊野古道で軽く汗を流した後、同氏は記者団に「肉体的にも精神的にも辛抱強く頑張る。その先に大いなる希望、夢が実現できる」と、自らの境遇をだぶらせながら強調。一方で「私は常に無私。だから、ポジションとか何も固執しておりません」と語り、「一兵卒」として菅内閣を支える姿勢も示した。 

【関連ニュース】
【Off Time】アメリカ横断ドライブ シスコからNYまで6400キロ
【特集】世界遺産・熊野古道を歩く
【Off Time】マチュピチュの旅
【Off Time】高野山-天空の宗教都市で過ごす時間
【Off Time】アンコールワットの旅 探検家気分で遺跡めぐり

男性軽傷 店に車突っ込む 岐阜・岐南(毎日新聞)
「言葉で上り詰めた」=仙谷氏、菅首相を絶賛(時事通信)
豆腐会社社長を逮捕=汚水を垂れ流し―千葉県警(時事通信)
“女房役”仙谷官房長官 公務員改革 大言壮語の放り出し?(産経新聞)
代表質問14、15両日=与野党が合意(時事通信)

<参院選>国民新党が公約発表(毎日新聞)

 国民新党は2日、参院選の公約を発表した。5部構成で、第1部に永住外国人への地方選挙権付与と選択的夫婦別姓の導入への反対を掲げ保守色を強調。党是の郵政改革は今国会での郵政改革法案の成立を見込み、第3部に記載した。原案に盛り込んだ国会議員や国家公務員の削減は、同様の主張をしている他党との差別化を図るため見送った。

【関連ニュース】
夫婦別姓:今国会提出求め議員ら集会
選択的夫婦別姓:国会内で議員集会
街かど:きょう民法改正シンポ /京都

民主党「支持」V字回復 参院選「単独過半数も」?(J-CASTニュース)
ニキビがかわいいのは何歳くらいまでですか?(Business Media 誠)
<動物虐待>くぎ刺された肉食べた犬が手術 大分県警が捜査(毎日新聞)
裁判員裁判 自称「ラインハルト」に実刑(産経新聞)
<カード現金化>トラブル急増 実態は「高金利の融資」(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。